定期借地権事業

定期借地権は1992年に創設された制度で、借地期間の更新がない借地権の総称です。更新がなく、契約期間が満了すれば必ず土地が返還されるため、様々なケースで活用されています。当社ではこれまで、一般定期借地権による事業を数多く手がけております。

一般定期借地権を使った事業の基本概念図

定期借地権事業の特長&メリット

自己資金や借入は必要ありません。 オーナー様は一定の期間、所有地を貸すだけです。建物の建設費等は三菱地所レジデンスが負担しますので、自己資金や借入は必要ありません。
地代収入が得られます。 契約期間中は地代収入が得られます。
地代の一部または全部を一括して前払いする場合もあります。
権利金や保証金等の一時金が得られます。 契約時に権利金や保証金などの一時金をお支払いします。
固定資産税などが軽減される場合があります。 住宅用地となる場合は、固定資産税・都市計画税が軽減される場合があります。
また、相続時にも一定の評価減を受けることができます。

定期借地権事業の種類と契約期間

区分 一般定期借地権 建物譲渡特約付借地権 事業用定期借地権
期間 50年以上 30年以上 10年以上50年未満
契約満了時 原則として借地人が
建物を取り壊し更地で
明け渡します。
オーナー様が建物を
買い取ることで借地権が
消滅します。
原則として借地人が
建物を取り壊し更地で
明け渡します。
更新 更新はされません。 更新はされません。 更新はされません。
利用目的 制限はありません。 制限はありません。 事業用に限られます。
住宅事業に利用することはできません。

お問い合わせはこちら パートナー事業部 0120-32-8107 (平日9:30-17:30)