専門職(営業職)
募集受付中
まちづくりに懸ける まちづくりに懸ける

新谷 直希

Naoki Niiya
2014年度入社 経済学部卒 投資アセット開発事業部
  • デベロッパーにしかできない
    唯一無二のものづくりに魅かれて

    私の就職活動の軸は、「人々の生活を豊かにしたい」という想いでした。そして、「毎日の暮らしの舞台となる自宅こそ、生活を豊かにできる多くの要素を秘めている」と考えて、住宅の開発をビジネスとするデベロッパーを志しました。ものづくりができる仕事は多々ありますが、唯一無二である土地に向き合い試行錯誤しながら、その土地ならではの建物をつくることはデベロッパーだからこそできる仕事だと思います。

    作り手としての自分の想いを込めた建物が完成してお客様へ引渡す際に、「ありがとう」「いいものができたね」と感謝の言葉をいただけた時の達成感は、普段は経験することのできないものです。また、数年にわたって一緒に仕事をする設計会社や施工会社といったパートナー企業の担当者とのつながりも、プロジェクトを通してでないと得ることのできない大切なものです。

  • 自分だけの限界
  • プロジェクトに関わる
    すべての関係各社をお客様と定義

    現在は、有料老人ホーム・学生レジデンスの用地取得~計画推進業務を担当しています。私の仕事は、様々なネットワークを活用し用地情報を取得するところからスタートします。続いて候補になった土地を調査し、事業化の可否の検討を経て、用地買収の後の計画推進フェーズへ移行していきます。こうした流れの中で、事業スケジュールおよび収支管理を行い、プロジェクト全体を前進させていくのが私の役割です。

    仕事を通して意識しているのは、単にプロジェクトを成功させ利益につなげることのみではありません。プロジェクトに関わるすべての関係各社をお客様と定義し、自社や自身の成功・成長だけでなく、お客様も当社と共に成功・成長していくことを大切にしています。「自分だけ」で仕事をしても限界があり、関係各社と共に「みんな」で力を一つにしてこそ、目標(=プロジェクトの成功)を達成できると考え仕事に取り組んでいます。

  • 私たちの社会的な使命
  • より豊かな未来への
    第一歩、第二歩を手掛ける一人になる

    私が携わる投資アセット開発事業は、会社の将来の柱となることを目指して、数年前に立ち上げられました。この事業を、会社の新たな成長を担うエンジンとして育てていくことが今後の目標です。例えば高齢者住宅のような、社会課題の解決と未来のより豊かな暮らしに貢献する新たな住まいの在り方を描き、世の中に発信をしていきたいと考えています。

    当社はそれができるだけの力を持っていますし、新たな住まいを通した社会貢献は、三菱地所グループ、そして当社に課せられた使命でもあります。新たな成長、より豊かな未来への貢献に向けて、その第一歩、第二歩を手がける一人に私はなりたいと思います。

休日の過ごし方

身体を動かすとリフレッシュできるため、なるべく休日は運動することを心掛けています。学生時代から続けているハンドボールのクラブチームに所属し、月数回の練習に参加したり大会にも出場しています。また社会人になってからは、年1~2回、長期休暇を取って友人と海外旅行に出かけるのが楽しみになりました。仕事柄、旅先でも建物が気になりますが、日本のスタンダードとは異なる部分も多々あり、非常に勉強になります。

各社員の所属部署・担当業務は、取材当時の内容です。
一生ものに、懸ける。
Information 採用情報を見る