専門職(営業職)
募集受付中
全力を懸ける 全力を懸ける

濱田 瑛子

Eiko Hamada
2013年度入社 工学部卒 第二計画部
  • 任されたプロジェクトを
    自身の子供を育てるかのように大切に

    設計の仕事をしている父の建物を見に行っていたことなどから、幼少期から自然と建物に興味を持つようになり、大学では建築系の学部へ進みましたが、学んでいく中で建物自体をつくるより、建物のコンセプトづくりや街づくりに興味が向き、設計ではなく、不動産、開発といった分野の仕事を志すようになりました。私は今、新しく土地を取得したプロジェクトの計画を、スタートから初めてメインで任せてもらえることになって、これまで以上に意気込んでいるところです。何度も現地周辺を歩いたり、住宅専門誌を何冊も集めてコンセプトを考えたり、過去の販売物件のお客様の意見を収集してプランに反映したりと、自分の子供を育てるような思いで大切に計画しています。

  • 住む人を想像する
  • 計画から引渡しまでを
    一貫してマネジメントすることが役割

    現在は、分譲マンションの開発担当として、東京都港区、渋谷区、世田谷区、目黒区にあるマンションの計画に携わっています。土地を買ってからマンションをお客様に引渡すまでの流れをマネジメントすることが私の役割です。取得した用地に相応しいマンションのコンセプトを考え、「どんな人がお住まいになるのか」を思い描きながら間取りや共用部のプランニングを精査するとともに、工事費を予算内に収めるべくゼネコンと打ち合わせを重ねます。そしてマンションを販売する際には、プランに込められたこだわりを表現したモデルルームを計画し、お客様へお渡しするパンフレットや図面集を製作します。更に建物が完成した際には、実物を見ながら傷や汚れ、品質のチェックを入念に行い、お客様にご入居いただく準備を行うことも仕事になります。

  • 最善を考える
  • 私の一つひとつの判断が開発の成功を左右する

    計画担当者は、設計者や施工者、デザイナー、社内のクオリティマネジメント部門担当者など、計画を推進するにあたり必要な知識をお持ちの方々とコミュニケーションを密に取り合い検討を重ね、「計画にとって何が最善か」を最終判断しなくてはなりません。もしも企画の段階で判断が甘いと、「実物が当初のコンセプトを満足していないため、販売も上手くいかない」といった事態を招いてしまいます。私の一つひとつの判断がずっとついて回り、事業の成否に影響します。ですから、できるだけ多くの方々に話を聞いて、一つでも多くの資料を調べて、今の自分にできる最善の判断を一つずつ積み重ねて、事業の推進にあたります。曖昧な判断をして許されることは何一つもなく、全てに全力を懸けて仕事をしています。

休日の過ごし方

社内、社外を問わず、いろいろな方と一緒にゴルフを楽しんでいます。入社をして周囲にゴルフをやる方が多かったので、最初は同期の仲間と練習場に行くところから始めました。両親もゴルフが大好きなので、私がゴルフを始めてとても喜んでくれています。

一生ものに、懸ける。
Information 採用情報を見る