専門職(営業職)
募集受付中
全力を懸ける 全力を懸ける

濱田 瑛子

Eiko Hamada
2013年度入社 工学部卒 賃貸住宅事業部
  • コンセプトを考え抜き、
    建物を作り上げていく

    設計の仕事をしている父の建物を見に行っていたことなどから、幼少期から自然と建物に興味を持つようになり、大学では建築系の学部へ進みました。学んでいく中で建物自体をつくるより、建物のコンセプトづくりや街づくりに興味が向き、設計ではなく、不動産、開発といった分野の仕事を志すようになりました。

    今は賃貸マンションの計画推進業務を担当しており、港区、北区、板橋区、台東区にある物件を担当しています。私が携わる計画推進業務では、取得した用地にふさわしいコンセプトを考え、どんな方がお住まいになるのかを想像しながら各住居の間取りや共用部のプランニングを精査していきます。計画した建物の工事費用が予算内に収まるよう施工会社と調整を重ね、工事着手後は竣工までの進捗を管理。竣工してグループ会社にリーシング業務を委託した後も、より早く満室にするために賃料調整やキャンペーン施策に取り組みます。

  • 住む人を想像する
  • 頼り、頼られることで、
    チームワークを築いていく

    業務においては、私自身が各分野の高度な専門知識を備えているわけではないため、必要な知識・技術を持つプロフェッショナルたちの力を借りることになります。たくさんの関係者から頼られ、時には頼り、良いチームワークを築いていくこと。またそのリーダーとなってプロジェクトを引っ張っていく面白さがこの仕事の何よりの魅力です。

    私のこれまでのキャリアにおいて貴重な経験の一つが、東京港区にある高額物件の計画推進を担当できたことです。販売担当と一緒に、自分とはかけ離れた富裕層のお客様の嗜好やニーズを物件に取り入れるべく、限界まで知恵を絞りました。苦労しましたが、自分では到底住めないような物件をつくることは、大変刺激的で面白いものでした。

  • 最善を考える
  • 企画から売却に至るまで、
    適当にできることは何ひとつない

    計画推進の仕事は、最初の企画の段階からマンションの販売、実際に建物が完成し、売却するまでを一貫して見続けます。企画段階での検討が甘いとリーシングがうまくいかなかったり、工事費の見積もりが不十分だとコストダウンを迫られイメージした建物を作り上げることができず後悔したりすることもあります。つまり計画段階での一つひとつの判断が最後までついて回り、マンションの品質や購入いただいたお客様の満足に直結していくのです。

    だからこそ、判断の前にはできるだけ多くの人の話を聞きいろいろな資料を調べて、少なくともその瞬間にできる最善の判断を一つずつ積み重ねて、事業を推進しています。企画段階から工事、売却に至るまで、適当にできることは一つもなく、すべてに全力を懸けて仕事をしています。

休日の過ごし方

社内、社外を問わず、いろいろな方と一緒にゴルフを楽しんでいます。入社をして周囲にゴルフをやる方が多かったので、最初は同期の仲間と練習場に行くところから始めました。両親もゴルフが大好きなので、私がゴルフを始めてとても喜んでくれています。

各社員の所属部署・担当業務は、取材当時の内容です。
一生ものに、懸ける。
Information 採用情報を見る