専門職(営業職)
募集受付中
物件への愛情に懸ける 物件への愛情に懸ける

藤山 理紗

Risa Fujiyama
2015年度入社 法学部卒 第一販売部
  • 誰よりも物件を好きになってお客様にお勧めする

    「担当物件を誰よりも愛すること」については誰にも負けません!今まで担当した5つの物件はどれも「このマンションに住んだら幸せになれる」という想いで自信を持ってご案内していました。自分が良いと思わないものをお客様に勧めても魅力は伝わりません。何よりお客様に失礼にあたると思うからです。担当する物件が決まる度に、「誰よりもこの物件を好きになろう」と決めています。販売に至るまでにどのような想いを込めて作ったのか、どんなお客様に住んでほしいのかを開発担当者に聞いたり、じっくり建設地の周りを歩いたり。物件の長所も短所も全て知っているからこそ、お客様のニーズに合った提案ができるのだと思います。ご契約に至らなかった場合には失恋をしたような気持ちになりますが、「いろいろ見ましたがここが一番良かった」と選んでいただいた時の喜びはひとしおです。

  • 私が一番好きな瞬間
  • 住まいとその先にある
    暮らしを提供するということ

    販売業務に就いて最も印象的だったのは「三菱地所レジデンスだから大丈夫」「さすが三菱地所レジデンスですね」という当社のブランドに対する信頼の言葉をいただいた時のことです。自分が自信を持ってご案内する物件への信頼に大きな喜びを感じつつも、その反面、寄せられる期待への責任の重さを強く感じました。今でも、この言葉をいただく度に身の引き締まる思いです。またお客様からはブランドに対する声だけでなく、モデルルームをご案内している時に「シューズボックスの中に傘立てだけじゃなくてレインコートも掛けられるクローク機能があればいいのに」など、商品づくりへのアイデアをいただくこともあります。「単に住まいを売っているのではなく、その先にある暮らしも提供しているのだ」と実感することのできる時が、私が一番好きな瞬間です。

  • 自分で答えを見つける
  • 自分の原点である販売の最前線で活躍する人材に

    お客様によって住まいに求める考え方は様々であるため、お客様にもっと良い提案ができないかと頭を悩ませる毎日です。もちろんその答えは一つではないので、誰も正解を教えてはくれません。だからこそ、もっとたくさんのお客様とお会いし、広い視野や柔軟な提案力を身に付け、自分なりの答えが出せるようになりたいと思います。長期的なキャリアとしては、お客様の生の声をもっと商品づくりに活かす仕事にも興味を持っています。販売で培ったスキルを開発のフェーズで役立てることで、よりお客様に寄り添った商品づくりができると考えるからです。まだ全てのキャリアを描くことは出来ていませんが、最終的には、やはり自分の原点である販売の最前線で活躍する人材になりたいと思っています。

休日の過ごし方

休日が水・木曜日のため、どこに出掛けても空いていて、結構気に入っています。レンタカーで少し遠くまで行ったり、販売担当の同期と飲みに行ったりして過ごしています。また、全社的に毎月第二火曜日を販売センターの定休日としており、月に一度三連休を取得することができるので、先日はそれを利用して北海道旅行をしてきました。

一生ものに、懸ける。
Information 採用情報を見る