専門職(営業職)
募集受付中
物件への愛情に懸ける 物件への愛情に懸ける

齋藤 真輝

Masaki Saito
2019年度入社 法学部卒 第二販売部
  • 販売担当の目線からものづくりに関わる

    就職活動のキーワードは、「社会貢献」でした。大学では政治学を専攻しており、政治家の事務所インターンなどを経験して「社会へどう貢献していくか」を日々考えていました。社会に出てビジネスをしていく上で、自身が所属する会社が公正かつ公平なビジネスを展開しているかは、私にとって重要な要素でした。当社に出会って、人事部の方をはじめ、社員の言葉や振る舞いに好感を持ち、また三菱地所グループの企業理念、まちづくりを通じた社会貢献にも強く共感したため、入社を決意しました。

    現在所属する第二販売部は、都心エリアの高額物件の販売を担う部署です。業務としては、物件のご案内から資金計画のご相談、ご契約までに携わることに加え、プロジェクトの計画段階において計画担当者と意見を出し合い、販売担当の目線からものづくりに関わることも重要な役割です。

  • 期待を超えて
  • 想いをお客様に伝えるのは、
    最前線に立つ我々にしかできないこと

    当社では、各部門の担当者がONE TEAMとなって、安心・安全であることはもちろんのこと、お客様の目に見えない住まいの本質的な部分にまで細心の注意を払い、一つひとつ想いを込めて物件を作り上げていきます。

    メンバーたちの想いが結晶した物件を最終的にお客様へ届けるという重大な使命を担うのが、私たち販売担当です。お客様は当社が提供する建物の品質やブランドの信頼はもちろん、担当者の対応にも大きな期待をしており、自分の言動一つひとつで当社のマンションの善し悪しが判断されるため、大きな責任とやりがいがあります。

    また、販売担当には、「業績ドライバー」として会社の成長を支えていくという重要な役割もあります。ものづくりに関わりながら会社の業績に直結する仕事ができるのは、当社の販売担当ならではの魅力です。

  • 私だからできる商談を
  • 会社や商品ブランドだけではなく、
    自分自身を信頼してもらうために

    私がお客様と接する時に大事にしているのは、「相手への思いやり」です。こちらからの説明一辺倒の商談であればAIでもできます。お客様に寄り添い打ち解けることで、本音をお聞きすることができ、抱えている不安の一つひとつを解消していくことができます。

    また、「正直であること」も大切にしています。マンションは「住まい」「高額な資産」「建築物」など様々な側面を持つ商品ですから、どうしても私たちプロと、お客様が持つ情報の量や質が非対照になります。お客様とフェアな立場になるように意識し、包み隠さずお話することで信頼を築くことができると考えています。

    例え、担当物件でのご購入に至らない場合でも、「また齋藤さんにご連絡します」、「他の物件も、あなたに案内してほしい」と言っていただけるだけの信頼を築くこと。会社や商品ブランドへの信頼に負けないくらい、自分自身がお客様から信頼される販売担当者になることで業績へ貢献し、新しい時代のさらなる会社の成長を支えていくことが私の目標です。

休日の過ごし方

学生時代にはボディビル競技をやっており、コンテストでの優勝経験もあります。現在も仕事終わりや休日は、ジムに通いトレーニングをしています。社会人になってからのコンテスト出場はありませんが、仕事でしっかりと成果を出し職場の方々の理解を得ながら、これからも競技に挑戦していきたいと思っています。

各社員の所属部署・担当業務は、取材当時の内容です。
一生ものに、懸ける。
Information 採用情報を見る