専門職(営業職)
募集受付中
マネージャーへの進化に懸ける マネージャーへの進化に懸ける

浅野 剛志

Tsuyoshi Asano
2010年度入社 都市教養学部卒 ASEAN事業部(Premium Residence社出向)
  • 相手の立場や利益を尊重することが
    海外事業においては大切です

    タイでのマンション分譲事業のために日本企業として初めて設立した合弁企業「Premium Residence」社でタイ事業のプロジェクト管理を担当しています。合弁パートナーの会社をはじめ多様な人々と関わりながら、成長著しい市場で住宅を提供できる仕事に、大きなやりがいを感じています。「パートナー会社が希望すること」「事業自体へのメリット」さらに「自社のメリット」のバランスをとり、互いの合意をはかりながら進める合弁事業は、時にスムーズにはいきません。双方の利益が反する場合には、まずは交渉役である自分がしっかり考えて、双方が納得・妥協できる点を探り出すことが求められます。最終の意思決定を行う際は、当然ながら会社の決裁が必要です。とはいえ私が単なる伝言役ではなく、相手の立場や利益を正確に把握した調整役となってこそ、事業を推進することができるのだと確信して仕事にあたっています。

  • 仕事で得た自信と誇り
  • 今度は自分がチームのリーダーとして新たな成功体験へ

    タイの事業では、合弁相手とのやり取りの難しさ、慣習の違い、理解・承認を得るための社内説明などを、プロジェクトの一員として乗り越え、事業のスタートまで漕ぎ着けることができました。様々なメンバーと共に目標に向かって進み、達成することの楽しさを味わいました。現在ではタイで11物件・10,000戸以上の開発を行っており、会社の利益にも貢献していることに大きな誇りと自信を持っています。このようなビジネスの成功を、今まではメンバーとして体験してきましたが、次は自分がリーダーとしてチームをマネジメントしながら、より高い目標を達成したいと考えています。そのためにはまだまだ足りない部分ばかりですが、「信頼されるマネージャーになりたい」と強く思いながら日々の仕事と勉強に励んでいます。

  • 自分のコアを磨く
  • 広い視野から判断できる経営者に近いマネージャーへ

    当面の具体的な目標は、自分のキャリアにおいて英語以外にコア (強み) になる領域を作ることです。シンガポールやタイで働く中では、コミュニケーションの相手が各分野のエキスパートである事がほとんどです。自分の知識不足を感じることが非常に多く、「このままではいけない」と思う場面が多々あります。直近では、現在携わっている会計・財務・経理関連の知識をもっと学ぶことで、「コアコンピテンシーのあるマネージャー」に。さらに将来的には、「会社やプロジェクトが今後どのように進むべきか」を広い視野から、全体最適をふまえて判断できる「経営者に近いマネージャー」を目指したいと考えています。

休日の過ごし方

駐在するタイから地方都市や東南アジア諸国へは費用も安く、短時間で行けるため、たまに旅行に出かけています。またタイは日系企業の駐在員も多く、セミナーや同期会などが活発に行われていますので、そうした機会に業界を越えて様々な人と交流し、刺激を受けるのも楽しい時間です。

一生ものに、懸ける。
Information 採用情報を見る