専門職
募集受付中
幸せに懸ける幸せに懸ける

峰岡 桃子

Toko Mineoka
2019年度入社 文学部卒第三販売部
  • 生活の喜びや癒しを提供する、
    それが住まいに関わる仕事

    私が不動産業界に興味を持ったきっかけは、学生時代に住宅展示場の案内係や賃貸マンションの内見同行のアルバイトを経験したことです。そこでお客様と接するうちに、住宅というのは、生活に必要不可欠なインフラであるばかりでなく、生活の喜びや癒し、わくわくを提供する存在なのだということを実感し、「住まいに携わりたい」と思うようになりました。

    現在は、マンションギャラリーにご来場いただいたお客様との商談を中心に、担当する物件の広告戦略、ご契約者様へのお引渡しまでのスケジュール管理、銀行への住宅ローン相談など、販売に関する業務を多岐にわたって手掛けています。入社1年目ですから、一つひとつの業務をこなすことでいっぱいですが、お客様に担当物件とその街を気に入っていただき、最終的に購入を決断していただくことを目標に、日々試行錯誤しながら働いています。

  • 物件の先にある暮らしを
  • 街が纏う雰囲気を肌でつかみ
    お客様の暮らしに想いを馳せる

    私の場合、新しく一つの物件に配属されると、物件自体の勉強もさることながら、まずは「街を知る」ことからスタートします。周辺の住環境や商業施設だけでなく、同じ沿線の他の街も視察することで、「物件のある街が纏う雰囲気」を肌でつかむようにしています。

    上司からも「私たちの仕事はただ物件を売ることではなく、その先にある暮らしを提供すること。お客様一人ひとりが望んでいる暮らしに寄り添ったお話を」とアドバイスをもらっています。実際に商談をしていると、物件の特長や魅力の説明ばかりに気を取られ、ついつい忘れてしまいそうになりますが、ことあるごとに「お客様一人ひとりに寄り添う」という原点に立ち返るように心がけています。

  • お客様と真摯に向き合って
  • 製販一体を活かした住まいづくりを
    リードしていける販売担当者に

    今後の目標は、立ち上げの物件(販売準備中の物件)を担当し、販売の全フェーズに携わり、知見を深めることです。また、当社の強みである製販一体を活かす仕事ができるようになりたいと思っています。具体的には、商談を通してお客様からいただいた意見を社内の用地部や計画部のメンバーにフィードバックし、より良い住まいづくりにつなげていきたいと考えています。

    販売は、お客様と当社の最初の窓口であり、密に深く関わる部署ですから、私たちが当社の看板となります。そのことを忘れずに、社会人として社外・社内からも「峰岡さんだから」と信頼される営業担当者になりたいと考えています。「住まいを通して何十年と続く暮らしを提供する自分の仕事は、お客様の幸せそのものに関わっている」、このことをいつも心に抱いて、お客様と真摯に向き合っていきます。

休日の過ごし方

休日は、友人との食事をしたり、スタジアムに出かけて野球観戦を楽しんだりしています。定休が平日ということもあり、どこに出かけても混雑していることがなく、野球のチケットも取りやすいなどのメリットがあります。最近は、「大学時代に勉強していたフランス語を思い出そう」と、フランス語講座にも通い始めました。

各社員の所属部署・担当業務は、取材当時の内容です。
一生ものに、懸ける。
Information採用情報を見る