専門職(営業職)
募集受付中

社長インタビュー

住まいへの想いを
つなげて
三菱地所レジデンス株式会社
代表取締役 社長執行役員
脇 英美

お客様に「一生もの」をお届けする。

三菱地所レジデンスは、暮らしと住まいを結ぶ架け橋として、高品質な住まいと一生涯にわたるサービスを提供しています。
当社のビジョンである「暮らしに、いつも新しいよろこびを。」とは、
「一生もの」に住まわれるお客様の声を聴き、住まいづくりに真摯に向き合いながら、
絶えず挑戦していく姿勢の表れです。喜びと感動を分かち合える住まいへの想いをつなげながら、私たちは「一生もの」をお届けし続けます。

  • 住まいを通して社会に貢献

    当社の提供価値

    当社は、三菱地所グループの基本使命「まちづくりを通じた社会貢献」に住まいづくりを通して関わっています。住まいとは、衣食住という言葉にも表れているように、人間の営みの根本をなすものです。人生で最も大きな買物とされる住まいにおいて、良質でかけがえのないものを提供していきたい。そうした想いから、私たちは「一生ものに、住む。」を掲げています。また、この「一生もの」という言葉には、住まいの製造、販売、管理に一貫してサポートする強みをいかして、「お客様の人生に長く寄り添いたい」という意味も込められています。

  • 住まいが好きであること

    仕事への考え方

    私たちにとって一番大切なのものは、「住まいが好きであること」。住まいの総合デベロッパーですから、どの部署の仕事もなんらかの形で住まいと接点を持つことになります。
    私たちの仕事は、工業製品の大量生産ではなく、住まいへの想いをつなげるものづくりです。どんな街に、どんなマンションが求められているのか?間取りはどうしたら、外観はどうしたらお客様に喜ばれるのか?住まいが好きな社員たちが、それぞれの住まいへの想いをぶつけあい、より高品質なものをつくりだし、お客様に満足感と安心感をお届けしていく。これが私の描いている三菱地所レジデンスの姿です。

  • 人間としての魅力を高めて

    人財への考え方

    社員たちによく話しているのが、「自由な時間をつくりなさい」ということです。これは、「働き方改革をするから早く家に帰りなさい」ということではなく、「しっかり休んで、仕事以外の経験を積んで欲しい」というメッセージです。それは、どのような形でも構いません。思いっきり遊ぶこと、学ぶこと、あるいは何かの趣味を極めていくことでもいい。失敗を恐れずいろいろなことに挑戦やチャレンジをして、それらの体験や人との出会いから新しい知見を得て、人間としての魅力を高め、柔軟な発想でイノベーションを起こせるような人になって欲しいと思っています。そのような社員の成長は、直接に利益につながらなくても、なんらかの形で必ず会社の財産になると考えるからです。

  • 自分が本当にしたいことを
    考え抜く

    学生の皆様へ

    住まいをお届けしたお客様の喜びを目の当たりにし、それを自分の喜びにできるのは、この仕事ならではの魅力です。また技術系の方にとっても、他の業界にないやりがいを発見できるはずです。あなたがつくる住まいとそこに暮らすお客様の間には、他の製品・サービスとそれを使う人には見られない、「一生もの」という濃密な関係があるからです。
    どうか就職活動を通して「自分が本当にしたい仕事」について考え抜いてみてください。そうした中で、住まいに対する興味やこだわりが沸き上がってきた方々とともに、「一生もの」の未来を創造していきたいと思います。

一生ものに、懸ける。
Information 採用情報を見る