• マンション建替えの流れ
  • 三菱地所レジデンスの強み
  • マンション建替事業の実績
  • よくあるご質問
  • お問い合わせフォーム

建替えが決議された後には、区分所有者の合意形成や資金計画、仮住まいなどの多くのハードルがあります。大切なのは、事業をスムーズに推進するノウハウと、一人ひとりへの誠実な対応。三菱地所レジデンスは全ての方のベストソリューションのために、建替事業を全力でサポートさせていただきます。

マンション建替えの流れ  「マンション建替え円滑化法による組合施行方式」※マンション建替えの事業方式には、他に等価交換方式などがあります。

1 建替えの検討(大規模修繕か建替えか) マンション建替えを考えるきっかけは、耐震性の不足、設備の老朽化など様々ですが、この段階では老朽化の度合や費用などを総合的に把握し、修繕・改修と建替えのどちらが最適なのかを検討します。

2 建替え推進決議(任意) 検討を重ねた建替計画の内容について多数の区分所有者の理解が得られた時点で、管理組合において「建替えを推進するよう本格的に検討していく」ことを決議します。

3 合意形成 建替え推進決議が可決されると、デベロッパー等の事業協力者の選定及び具体的な事業計画を練り始めます。建替え決議に向けて区分所有者の意向をまとめ、マンション建替計画を作成します。

4 建替え決議 マンション建替計画をもとに決議をとります。区分所有者および議決権の5分の4以上の賛成※が得られると、建替え決議が可決されます。また、新しいマンションで取得する住戸の階層、広さ、向き、位置等の条件も概ねこの段階で決定します。

5 マンション建替組合の設立 区分所有者が主体となって、法人格を持つ「マンション建替組合」を設立します。尚、建替工事の発注者は「マンション建替組合」となります。

6 権利変換 権利変換とは、既存のマンションから新しいマンションに権利が置き換えられることを意味します。この時点で、取得住戸の位置・広さ・向き等の条件、権利関係が確定します。

6 建替え工事の実施 新しいマンションの建設に取り掛かります。また、居住者の皆様は仮住まい先に引っ越します。

6 建替え工事の実施 新しいマンションが完成したら、いよいよ入居です。仮住まい先から新居へ引っ越します。

page top

お問い合わせフォームはこちらから