お客様との絆を育むサービス

      

お客さまとともに、長年にわたり絆を育んでいく。

フロントサービスの一例(2014年1月撮影)

新築マンションでの生活のはじまりに喜びを感じるのは当然です。でも、「このマンションにしてよかった」と改めて実感するのは、実際に住んでしばらくしてから。お客さまがマンションに住み始めてから気付くこと、毎日の暮らしの中で起きる出来事にいかに的確にスムーズに対応できるか。マンションの真価は、入居後にこそ問われるものかもしれません。

暮らす人によって、その生活のスタイルによって、分からないこと、相談したいことは様々です。「フローリングを傷つけてしまった、どうしよう」「キッチンの排水口の手入れがなかなかうまくいかない」といったお手入れなどの相談も多くあります。たとえばそういうことも、その建物のことにいちばん詳しい私たちが、丁寧に聞き、きちんとお応えする。他にも、周辺地域の情報やあったら嬉しい日々の暮らしのサポートまで、できる限りきめ細かく、一人ひとりのお客さまに末永く伴走していく、その体制を私たちは整えています。

「いいマンションにしたい」という思いは、建てる前も、建てた後も、ずっと続く私たちの思いです。