Reビル事業

幅広いニーズに柔軟に応える、
ビルと住宅の収益力向上プロジェクト

三菱地所レジデンスでは、築年数の経過などで競争力が低下したオフィス、社宅、倉庫などを再生して賃貸するReビル事業にも本格的に取り組んでいます。
グループ会社や他社とも連携しながら、企画・設計からリノベーション工事、テナント募集までを手がけ、既存ストックの収益力向上と有効活用をサポート。解体・新築より環境への負担・コストを押さえた再生を実現します。

建物バリューアップ前 建物の老朽化により、空室率が高く、不安定な賃貸収入の状態 マスターリース期間 空室の有無にかかわらず定額の賃料を得ることが出来ます。(空室保証型・定期建物賃貸借契約) マスターリース期間終了 リノベーション後の建物が活用可能になるため、賃貸収入のアップが見込めます リノベーション完了 当社がリノベーション工事の投資を負担・実施 マスターリース期間終了 マスターリース期間終了後はリノベーション物件のまま返還します

Reビル事業実績

ザ・パークレックス 日本橋馬喰町2016年12月利用開始

元ブライダル用品のショールーム兼倉庫で、Reビル事業の中では最も大規模な物件。
コンセプトは「Under Construction(工事中)」。
外壁はタイルをはがしてグレーに塗装、内装も天井や床はコンクリートの躯体剥き出し、あえて間仕切りや設備・装飾のないシンプルな空間に。
1階は飲食可の店舗、2〜7階まではワンフロア440㎡のオフィス。
すべて稼働すれば数百人が出入りし、地域のカルチャーを変える可能性を秘めている。

所在地 :
東京都中央区日本橋馬喰町
敷地面積 :
661.10㎡(199.98坪)
延床面積 :
3,627.36㎡(1,097.28坪)
規模・構造 :
RC造・地上7階地下1階
年 :
1986年

ザ・パークレックス 東陽町2016年2月利用開始

社宅として使われていた建物を、子育て世代をターゲットにした共同住宅へリノベーション。
コンセプトは「子どもと共に成長する住まい」。
ゆとりある共用部を活かし、階段室に前庭のような場を設けたほか、1坪農園やハンモックなど、コストをかけず居住者に還元できる、
さまざまな仕掛けをつくった。
一方、住居部分はシンプルで、子どもと一緒にDIYできる設計に。
子育て世代のニーズに応え、地域にも貢献できる建物を目指した。

所在地 :
東京都江東区千石
敷地面積 :
669.85㎡(202.63坪)
延床面積 :
1,258.88㎡(380.81坪)
規模・構造 :
RC造・地上5階地下1階
年 :
1981年

Reビル事業をさらに知りたい方はこちら

Reビル
ページトップへ