海外事業

三菱地所グループでは、1972年のMitsubishi Estate New York社設立以来数々のプロジェクトを展開し、今日に至るまで優良な資産ポートフォリオを築いてまいりました。またアジアにおいては、2008年にMitsubishi Estate Asia、2013年に三菱地所(上海)投資諮詢有限公司、2017年に台湾駐在員事務所、2018年に台灣三菱地所股份有限公司、2019年に三菱地所インドネシア、三菱地所ベトナムを設立。シンガポール、ベトナム、タイ、マレーシア、フィリピンを始めとしたASEANエリア、及び台湾を含む中国エリアにおいて、オフィス・住宅・商業施設の開発を進めています。​

プロジェクトマップ

〈アジア・オセアニアにおける住宅事業例〉

プロジェクトマップ プロジェクトマップ

中国エリアの主要住宅事業

タイの主要住宅事業

【日本での販売取次について】
当社が参画しているタイ・オーストラリアの案件については、日本での販売取次を行っております。タイでの参画事業については東急リバブル株式会社が、オーストラリアでの参画事業についてはスターツコーポレーション株式会社が販売取次会社となります。物件にご興味のあるお客様は、下記リンクより物件サイトをご覧ください。なお、上記以外は、現在日本では販売取次を行っておりません。

タイ・バンコク 物件のご案内

マレーシアの主要住宅事業

オーストラリアの主要住宅事業

【日本での販売取次について】
当社が参画しているタイ・オーストラリアの案件については、日本での販売取次を行っております。タイでの参画事業については東急リバブル株式会社が、オーストラリアでの参画事業についてはスターツコーポレーション株式会社が販売取次会社となります。物件にご興味のあるお客様は、下記リンクより物件サイトをご覧ください。なお、上記以外は、現在日本では販売取次を行っておりません。

オーストラリア物件のご案内

ベトナムの主要住宅事業

ミャンマーの主要住宅事業

シンガポールの主要住宅事業

フィリピンの主要住宅事業

インドネシアの主要住宅事業

ページトップへ