インフォメーション

2018年2月

2018年02月20日

大規模法人を対象とした「健康経営優良法人2018~ホワイト500~」に認定

三菱地所レジデンス株式会社は、2月20日、経済産業省が日本健康会議※と共同で、優良な健康経営を実施する大規模法人を認定する「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定されましたのでお知らせ致します。「健康経営優良法人~ホワイト500~」とは、健康保険組合等保険者と連携して優良な健康経営を実践している法人を、健康経営優良法人として認定する「健康経営優良法人2018」制度における、大規模法人部門を対象とした認定です。

※日本健康会議とは、少子高齢化が急速に進展する日本において、国民一人ひとりの健康寿命延伸と適正な医療について、民間組織が連携し行政の全面的な支援のもと実効的な活動を行うために組織された活動体です。

認定基準は「健康宣言の社内外への発信」「定期健康診断受診率100%」「健康増進・過重労働防止に向けた具体的目標(計画)の設定」などの21項目からなりますが、当社は、社内報等を通じた情報発信をはじめ、社員と家族の健康増進のための健康増進アプリの配布、健康・食事等の各種セミナーの開催、大手町丸の内有楽町地区(大丸有地区)におけるエリア健康増進イベントへの参加、ヨガ・マインドフルネス等の各種教室の開催、「経営方針・理念」等で高い評価を受けました。

当社は、社員と家族の健康を重要な経営資源、企業活力の源泉として捉え、2016年10月に「三菱地所レジデンス健康経営宣言」を公表し、三菱地所グループが行動憲章で標榜する「活力ある職場づくり」の実現に向けて、様々な取り組みに注力してまいりました。

こうした企業姿勢と取り組みが高く評価され、このたび、認定に至ったものと考えています。

今回の認定を受け、当社では今後も、社員一人ひとりが将来にわたって安心して活き活きと仕事を行い、健康で充実した人生を送るための環境を整え、心身ともに健康で明るく、仕事も生活も充実した毎日を送ることが出来る、誰もが持てる力を存分に発揮し活躍することの出来る、「活力ある職場づくり」を目指し、社員と家族、会社、健康保険組合が一体となり、心とからだの健康維持・増進に取り組んでまいります。

2017年9月

2017年09月29日

『キャリア志向大学生×三菱地所レジデンス株式会社・有限責任監査法人トーマツの管理職によるスペシャルトークセッション~子育て中の管理職に聞く、家庭を持っても実現できるキャリアアップ~』開催(2017年8月29日)

三菱地所レジデンス株式会社は、有限責任監査法人トーマツおよび株式会社manmaと共同で2017年8月29日、キャリア志向大学生と管理職によるスペシャルトークセッションを東京大手町で開催したことをご報告致します。

本セッションでは、子育てをしながらのキャリアアップに漠然と不安を抱える学生に、実際に子育てと両立しながら働いている男性・女性管理職との対話を実施しました。結婚・出産・育児などのライフイベントをどう乗り越えるのか、社会の中で自分の仕事をどのように位置付けていくのか、また組織の中でどのようにキャリアを重ねていくのか、といった課題について考えて頂く機会となりました。

参加者からは、「仕事と家庭の両立についてより具体的にイメージできるようになり、何とかなると前向きに考えられるようになった」、「仕事と育児・家事を両立しながら管理職を目指すのはハードルが高いと感じていたが、本イベントを通してそんなことはないと思えるようになり、自分のやる気次第で様々なことにチャレンジできることを知り、キャリアプランが大いに変わった」といった声を頂きました。

就職活動中の学生や、これから就職活動を行う学生からは、具体的に就職後の生活がイメージできない、結婚・出産後のワークライフバランスが心配などの声を常々聞いております。

今後も女性活躍推進法の目指すところである、働く場面で活躍したいという希望を持つすべての女性が、その個性と能力を十分に発揮できる社会の実現、また男性にも参加頂き、1億総活躍社会の実現に向けワークライフバランス向上・両立について考える機会を企画・提供して参ります。

2017年5月

2017年05月26日

ザ・パークハウスグリーンカーテンプロジェクト2017

三菱地所グループは「三菱地所グループ環境基本方針」に基づいて、将来に向け、地球環境との共生に積極的に取り組むため、「長期環境ビジョン」を策定しております。
その中で、身近にできる「低炭素社会形成への寄与」・「エコロジカルなひとづくり」の為に、2017年も「ザ・パークハウスグリーンカーテンプロジェクト」を実施致します。

弊社のモデルルームで植物の種(ゴーヤ・アサガオ・バジル)をお配りしておりますので、是非 最寄りのモデルルームにご来場ください。

※配布数には限りがあります。なくなり次第終了とさせて頂きます。

植物の育つ過程・育った植物は#residencepixのタグを付けて、Instagramで是非シェアしてください。

2016年11月

2016年11月14日

三菱地所グループ

The parkhouse

「三菱地所グループの防災倶楽部」が第1回「日本トイレひと大賞」を
受賞しました
~災害時の“トイレの備えの大切さ”を伝える防災訓練の取り組みが
評価されました~

今般、三菱地所レジデンス株式会社の社員有志によるボランティア組織「三菱地所グループの防災倶楽部」は、特定非営利活動法人日本トイレ研究所が主催する第1回「日本トイレひと大賞」を受賞しましたのでお知らせします。
本表彰を受賞した「三菱地所グループの防災倶楽部」は、2014年にマンション管理組合の防災意識・訓練を進化・深化することを目的に、三菱地所レジデンスの社員有志によって立ち上げたボランティア組織で、三菱地所レジデンスが分譲するマンション「ザ・パークハウス」において、防災訓練を実施しています。東日本大震災で排泄関連(トイレ)で苦労した声が多くあったことを受け、マンション居住者が「自らトイレの備えをしていくこと」を目指し、トイレに困ったことをマンション居住者に伝える活動を行っています。また、防災倉庫に備えているマンホールトイレの組み立て訓練や、排水管が破損しマンホールトイレすらも使えないことを想定した凝固剤の使用訓練など、トイレに関する訓練も積極的に提案・実行し続けています。
日本トイレひと大賞は、トイレ環境や排泄をとおして社会が抱えている課題に取り組む「ひと」を表彰し、「ひと」に光をあてることで、トイレ・排泄の改善に取り組む思いを共有し、「トイレ・排泄」に対する意識を高めていくことを目的に、本年度より創設されました。「三菱地所グループの防災倶楽部」は、災害時のトイレの備えの大切さを伝え続けている活動が高く評価され、本表彰の受賞にいたりました。
三菱地所グループでは、1923年に発生した関東大震災以降、約90年に渡り大規模な防災訓練を実施しており、グループ全体で防災・減災に取り組んでいます。「三菱地所グループの防災倶楽部」は今後も災害時のトイレの備えの大切さを伝え続け、より多くの人々が自ら備える社会の実現に向け取り組んでまいります。

11月5日に開催された第1回「日本トイレひと大賞」表彰式の様子

■「トイレの備えの大切さ」を伝える防災訓練の取り組み

「トイレの備えの大切さ」を伝える防災訓練の取り組み

日本トイレ研究所HP  http://www.toilet.or.jp/

adobe PDF ver(910KB)

2016年11月02日

街の力を、地球の力に。三菱地所グループ

The parkhouse

「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」が第1回ABINC賞
特別賞を受賞しました

今般、「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」が一般社団法人いきもの共生事業推進協議会(略称ABINC)が主催する第1回「ABINC賞」特別賞を受賞しました。
本表彰は、「いきもの共生事業所認証(ABINC認証)」を取得した事業所のうち、特にABINCの普及啓発や生物多様性の主流化への貢献度が高い施設を表彰することを目的に、本年度より創設されました。三菱地所グループではこれまで9物件がABINC認証[集合住宅版]を取得していますが、そのなかで「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」が特別賞、三菱地所が所有する社宅「世田谷ハウス」が優秀賞を受賞しました。

ABINC認証ロゴ

生物多様性保全の取り組みロゴ

「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」外観完成予想CG

三菱地所レジデンスが分譲するマンション「ザ・パークハウス」では、「BIO NET INITIATIVE(ビオ ネット イニシアチブ)」と称して、物件規模・敷地面積の大小に関わらず、生物多様性保全の取り組みを行っています。今後も継続して、生物多様性保全に配慮した植栽計画を行うことで、周辺の緑地や街の緑をつなぎ、植物や生物の中継地としての役割を果たす緑化空間を創出し、各エリアにてエコロジカルネットワークが形成されることを目指していきます。

三菱地所レジデンスの生物多様性保全への取り組みHP

http://www.mecsumai.com/bionetinitiative/

adobe PDF ver(233KB)

2016年10月

2016年10月31日

三菱地所グループ

三菱地所レジデンス

健康経営の推進と健康経営宣言の制定について

三菱地所レジデンス株式会社は、健康経営の推進のため、「健康経営宣言」を制定しました。 人事部門担当役員が、「健康経営責任者」となり、健康経営を牽引し、従業員の自発的な健康づくりを積極的に支援するとともに、組織的、戦略的に健康保持・増進に向けた具体的な取り組みを推進します。

三菱地所レジデンス株式会社 健康経営宣言

三菱地所レジデンス株式会社は、従業員の健康を重要な経営資源、企業活力の源泉として捉え、「健康経営」の実現に向けた取組みを推進します。

従業員の健康は、本人や、その家族にとって大切なものであるとともに、会社にとっても貴重な財産であり、三菱地所グループが行動憲章で標榜する「活力のある職場づくり」の源泉となるものです。

私たちは、一人ひとりが、心身ともに健康で明るく、仕事も生活も充実した毎日を送ることが出来る、誰もが最高のパフォーマンスを発揮し活躍することの出来る、「活力ある職場」づくりを目指し、会社、健康保険組合、従業員とその家族が一体となって、健康維持・増進に取り組んでまいります。
そして、従業員の健康を職場の活力につなげ、喜びと感動を分かち合えるライフデザインを社会に提供することで、社会に貢献してまいります。

アクションプラン名 【 三菱地所レジデンス  ウェルネスプラス+ 】

  1. (1)健康経営の浸透、健康に係る従業員の意識向上
  2. (2)従業員とその家族の自発的な健康増進活動への支援
    • ・アプリを活用した健康増進プログラムの導入
    • ・生活習慣病対策(健康増進イベント、セミナーの実施)
  3. (3)「働き方改革」の推進により、従業員が心身ともに健康で活躍できる活力に満ちた職場づくり

adobe PDF ver(341KB)

ページトップへ