専門職(営業職)
募集受付中
「人」と「街」に懸ける「人」と「街」に懸ける

新保 雄也

Yuya Shimbo
2017年度入社 経済学部卒第三用地部
  • 同じ土地、同じ建物はないから、
    新鮮な気持ちで働き続けられる

    私たち不動産デベロッパーの扱う物件に、同じ土地、同じ建物は一つもありません。ですから、いつも違うプロジェクトに携わり、新鮮な気持ちで働き続けることができるのではないかと考えてデベロッパーの世界に入りました。

    現在所属する用地部では、当社事業に適した用地を取得する役割を担っています。まず不動産仲介業者や信託銀行等に赴き、そこで取得した用地の売却情報の中から分譲マンション事業に適した用地を探します。候補の用地情報をもとに、社内の企画設計担当や社外の設計事務所などにそのエリアのマーケットに適した商品性(コンセプトや特徴)を持つマンションの図面作成を依頼。そして開発事業のプロジェクト収支や期間、想定ターゲットをもとに想定販売価格を設定しつつ、土地の取得に充てられる予算を算出し、売主・仲介者と交渉して売買契約を締結します。その後、取得した用地と物件のコンセプト等を計画部に引き継ぐまでが用地部の業務となります。

  • ハードルを乗り越えて
  • 複雑な権利調整を重ね、
    競合に先んじて用地取得にこぎつけた

    入社2年目に携わったある案件は、今でも印象に残っています。「土地の所有者」「建物の所有者」「建物を借りている賃借人」のすべてが異なり、それに伴う権利調整がとても複雑な案件でした。仲介会社と協力して調整を行うとともに、加えて法務部や弁護士とも相談して当社が用地を取得する際のリスク回避なども考えながら案件を進めていく必要がありました。

    さらに同じ土地の取得に動いている競合他社の存在もあり、その対策を行いながらの進行は、思い返すと2年目の自分にとってはとても難易度が高い仕事だったと思います。それでも、同じ部署の上司や先輩、他部署、さらには社外の方々に協力いただきながら、一つひとつハードルを乗り越えて用地取得にこぎつけることができました。取得した土地に物件が建ちホームページで公開された時は、「自分の仕事が結果につながった」という大きな達成感がありました。

  • 理想の住宅のために
  • 関係者の「思い」が融合して
    一つのマンションという形になる

    用地を取得してからお客様の手に住まいが届くまで、どのプロジェクトも多くの担当者が関わっています。関わるすべての担当者が「よりお客様に喜ばれるマンションに」という思いを込めて意見を出していくことで、各々のエッセンスが融合して一つのマンションという形になっていきます。

    入社時に配属されてからこれまでは用地に関わる業務を行ってきましたが、将来的には他部署の業務も経験し、分譲マンション事業についての包括的な知識・スキルを武器に、たくさんのプロジェクトを手掛けていきたいと考えています。

休日の過ごし方

予定を入れず家でのんびり過ごすこともありますが、土日は食事に出かけたり、友人や会社の方々とゴルフに行ったりしています。私の部署では平日の退社時間も調整ができるため、プライベートの時間も有意義に過ごせる環境ですね。繁忙期でなければ、有給休暇を取って販売部に所属する同期入社の仲間とゴルフに行ったり、土日とつなげて少し長めの休暇にして旅行に出かけたりもしています。

各社員の所属部署・担当業務は、取材当時の内容です。
一生ものに、懸ける。
Information採用情報を見る