専門職(営業職)
募集受付中
人の笑顔に懸ける人の笑顔に懸ける

北本 安見

Ami Kitamoto
2019年度入社 経営学部卒リノベーション事業部
  • 中古物件に新しい価値を付加する

    リノベーション事業部は、中古物件を買い取り、リフォームを施して再度販売を行う部署です。仕事の流れとしては、まずはお客様からご依頼をいただいた中古物件をいくらで買い取りできるかの机上査定からはじまります。その後、実際の物件の内覧を行い、リフォーム内容を検討して買取価格をさらに精査。査定価格を売主様に提示し合意いただけた場合は契約、決済(売買代金の支払い)となり、リフォーム、売却活動へと進んでいきます。一連の流れはシンプルですが、いかに適正かつ利益につながる価格を査定するかなどは、担当者の腕の見せ所です。また、買取から売却までを約5か月間という短い期間で行うため、不動産取引の最初から最後まで携わることができる点はこの仕事の魅力の一つです。

  • 資金を動かす実感
  • 今も鮮やかに覚えている、
    初契約の印鑑が押された瞬間

    今までの仕事で最も印象的だったのは、やはり初めて買収契約を締結することができた物件です。私は、本配属と同時にひとつの担当エリアを任せてもらいました。しかし、しばらくは中々成果をあげることができずに、周囲から「1年目だから」と励ましの言葉をもらいながらも自身の未熟さに落胆する日々が続きました。それでもOJTや先輩方からのアドバイスのおかげで、ついに夏のある日、1件目の契約を獲得することができました。契約当日、契約書に売主様の印鑑が押された瞬間、身体に震えが走りました。物件を買収したことで会社の資金を動かしたことと印鑑の重みを強く感じたあの瞬間は、今後忘れることはないと思います。

  • 自分に何ができるか
  • お客様の笑顔をつくることが
    あたたかい街をつくる

    私の夢は、「人と人がつながる、あたたかい街づくり」です。こうした心境になったのは、私が暮らすマンションや街では、普段から誰もが挨拶を交わし交流を深めていて、人と人のつながりがもたらす安心や豊かさを日々感じているからです。つながりが希薄だといわれる時代だからこそ、住宅総合ディベロッパーとして行動を起こし、「人と人がつながる街」を実現していきたいと思います。

    人と人がつながりをつくるうえで、私は笑顔が大切だと考えています。笑顔には辛い気持ちを一瞬で吹き飛ばしてしまう力があります。そして、1人の笑顔で周りまで笑顔にできる影響力も持っています。お客様をはじめ、仕事で関わる人たちの笑顔のために、自分に何ができるかを考え、人に寄り添った行動ができるよう働いていきたいです。

休日の過ごし方

プライベートでは、友人や家族と美味しいものを食べたり、ショッピングをしたりしてリフレッシュしています。旅行も好きなので、当社独自のフレックスホリデー(有給とは別に取得できる連続休暇制度)を活用し、海外旅行にも出かけました。その他、社内の皆さんとゴルフやスノーボードで、アクティブに過ごすこともあります。ゴルフについてはまだまだ練習中で、上司や先輩方に教えていただきながら、終了後のお風呂を楽しみにしつつコースをラウンドしています。

各社員の所属部署・担当業務は、取材当時の内容です。
一生ものに、懸ける。
Information採用情報を見る